良い知らせと悪い知らせがある

良い知らせと悪い知らせがある

本当に良い映画も、良くない映画もレビューします。

【随時更新!】2017年公開の期待できるおすすめ映画40選

この記事をシェアする

筆者の厳選記事5選

f:id:motomurahajime:20161231014826j:plain

こんにちは、もとむらはじめ(@motomurahajime)です。

もう2016年もあと1日ですね。

 

2016年ラスト記事は、「2017年公開の期待できるおすすめ映画30選」。

2017年に公開が予定されている映画のなかでも、とくに筆者が注目し、またおすすめしたい作品を30本ピックアップしました。

 

2017.02.07追記

新たに10本の注目&おすすめ映画を追加しました!

 

まだ情報がほとんど出ていない作品もありますし、公開「予定」となっていても、延期が予想される作品もあります。

 

それでは、1月から月順に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ネオン・デーモン

f:id:motomurahajime:20170114235944j:plain

映画『ネオン・デーモン』公式サイト|2017年1月13日(金)全国順次ロードショー

【公開】2017年1月13日

【監督】ニコラス・ウィンディング・レフン

【キャスト】エル・ファニング、ジェナ・マローン

16歳の美しい少女ジェシーは、ジョージアの片田舎からロサンゼルスに出てきたばかり。彼女はインターネットで知り合いになったカメラマンを目指しているディーンが撮影してくれた写真を手に、モデル事務所に足を運ぶ。

予告編で一目惚れ。実は雑誌『映画秘宝』に核心に触れる内容が書かれていて、若干ネタバレしてしまったのですが、それを読んでもなお観に行きたい、衝撃のラストを体感したいという欲求が止みません。

 

マグニフィセント・セブン

f:id:motomurahajime:20170209124215j:plain

映画『マグニフィセント・セブン』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

【公開】2017年1月27日

【監督】スコット・デリクソン

【キャスト】デンゼル・ワシントン、クリス・プラット

黒澤明監督の名作「七人の侍」を原案とした「荒野の七人」を21世紀の名匠アントワーン・フークア監督が完全リメイク!荒野に集まった最強最悪の七人。

雑誌『映画秘宝』で杉作J太郎さんが評して曰く、「50年に一度の傑作」。筆者の大好きな映画である『イコライザー』のデンゼル・ワシントンとその製作チームが手がけた作品ですから、これは観ないわけにはいかんでしょう。2017年の映画は年明けから縁起がいい!

 

ドクター・ストレンジ

f:id:motomurahajime:20170127160432j:plain

ドクター・ストレンジ|映画|マーベル|Marvel|

【公開】2017年1月27日

【監督】スコット・デリクソン

【キャスト】ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、マッツ・ミケルセン

元天才外科医の魔術師という異色のヒーロー、ドクター・ストレンジをベネディクト・カンバーバッチが演じるアクション。人智を超えた力を手に入れた主人公が世界を滅亡から救うために強大な敵に立ち向かっていく姿が描かれる。

2016年のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』のみという「MCUロス」的な年でしたが、2017年はなんと4本のMCU作品の公開が控えています。その先鋒として公開されるのが、『ドクター・ストレンジ』。

筆者の大好きな俳優の独りであるベネディクト・カンバーバッチが主演で、さらには予告動画からも読み取れるように、新感覚の映像表現に期待が膨らみます。

 

ナイスガイズ!(2017.02.07 追記)

f:id:motomurahajime:20170209124410j:plain

映画「ナイスガイズ!」公式サイト

【公開】2017年2月18日

【監督】シェーン・ブラック

【出演】ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリング、アンガーリー・ライス

1970年代のロサンゼルスを舞台に、ラッセル・クロウとライアン・ゴズリングが凸凹コンビを演じるコミカルな犯罪アクション。

2月は「ライアン・ゴズリングマンスリー」ということで、その1本め。個人的には次に紹介する『ラ・ラ・ランド』より楽しみにしています。

凸凹コンビのバディもの...という鉄板を、いかにして(良い意味で)裏切ってくれるのか、期待したいところです。

 

ラ・ラ・ランド(2017.02.07 追記)

f:id:motomurahajime:20170209124441j:plain

映画『ラ・ラ・ランド』公式サイト

【公開】2017年2月24日

【監督】デイミアン・チャゼル

【出演】ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、J・K・シモンズ

第87回アカデミー賞で3部門に輝くなど、数々の映画賞を受賞した『セッション』のデイミアン・チャゼル監督が、ロサンゼルスを舞台に夢を追う男女の恋を描くミュージカル映画。

日本公開前から早くも「アカデミー賞最有力候補」として期待される一本。ミュージカル映画ってけっこう当たり外れが激しいジャンルだと思うんですが、本作はどうでしょうか。アカデミー賞作品賞だからといっても、それが日本人に受けるかどうかは...観てみないとわからないですからね。

いずれにせよ、公開が楽しみな一本です。

 

アサシン クリード

f:id:motomurahajime:20170209124510j:plain

映画『アサシン クリード』オフィシャルサイト

【公開】2017年3月3日

【監督】ジャスティン・カーゼル

【出演】マイケル・ファスベンダー

人気アクションゲームを原案に、伝説のアサシン(暗殺者)だった祖先の記憶を追体験させられる男を、マイケル・ファスベンダーが演じるミステリー・アクション。マリオン・コティヤールが主人公の運命を握る謎の女に扮し、『マクベス』でファスベンダー&コティヤールとコンビを組んだジャスティン・カーゼルが監督を務める。

原作ゲーム『アサシンクリード』で味わえた、街中を疾走するスピード感、ステルスの緊張感といった感覚を、映画でどのように表現してくれるのかが楽しみ。中世ヨーロッパの街並みの再現にも注目したいですね。

 

モアナと伝説の海

f:id:motomurahajime:20170209124607j:plain

モアナと伝説の海|映画|ディズニー|Disney.jp |

【公開】2016年3月10日

【監督】ロン・クレメンツ 、 ジョン・マスカー

【出演】

南の島で育ち、“海に選ばれた少女”モアナの冒険を描く、ディズニー・アニメーションによる神秘的なストーリー。

2014年『アナと雪の女王』以来のディズニー・プリンセスであり、初のポリネシアン女性を主人公にした作品。
『アナと雪の女王』の予告では、テーマソング「ありのままで」の一番がまるっと流れるという大胆な宣伝が印象に残りましたが、果たして本作は。『ファインディング・ドリー』で息を呑むほど美しかった「水表現」が、どのように進化を遂げているのかにも注目したいですね。

 

哭声/コクソン(2017.02.07 追記)

f:id:motomurahajime:20170209125250j:plain

『哭声/コクソン』公式サイト

【公開】2016年3月11日

【監督】ナ・ホンジン

【出演】クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼

「哀しき獣」のナ・ホンジン監督のサスペンス・スリラー。平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやって来る。男について謎めいた噂が広がるにつれ、村人が自身の家族を残虐に殺害する事件が多発していく。そしてその殺人犯には共通する特徴があった……。

日本の至宝(僕が勝手に言ってます)國村隼さんが、韓国最大級の映画賞である第37回青龍映画賞で外国人初の男優助演賞と人気スター賞のダブル受賞を果たしたことでも話題の本作。

映画評論家の町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』で語って曰く、「途中からゾンビ映画みたいになっていって、さらに『エクソシスト』みたいになっていく」。これは期待するしかないでしょ。

 

SING/シング(2017.02.07 追記)

f:id:motomurahajime:20170209125321j:plain

映画『SING/シング』公式サイト 2017.3.17[fri]公開

【公開】2016年3月17日

【監督】ガース・ジェニングス

【出演】マシュー・マコノヒー、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン

「ミニオンズ」「ペット」などのヒット作を手がけるイルミネーション・スタジオによる長編アニメーション。マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリーら豪華キャストが声優として出演し、レディー・ガガ、ビートルズ、フランク・シナトラなど誰もが知る新旧ヒット曲を劇中で披露する。 

ディズニー・アニメーションと双璧をなすユニバーサル・スタジオのアニメ最新作。個人的には『カンフー・パンダ』と『ヒックとドラゴン』は大好きな作品なのですが、最近の『ミニオンズ』『ペット』あたりは、あまり好みでないノリに突入してて、ちょっと敬遠気味。

ただ、本作『シング』は予告を観る限り非常に面白そうな出来になってそうなので、ぜひ観に行きたい一本です。吹き替えを内村光良さんが担当されるというところにも注目。

 

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜

f:id:motomurahajime:20170209125400j:plain

映画「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」オフィシャルサイト 神山健治監督初の劇場オリジナルアニメーション!

【公開】2017年3月18日

【監督】神山健治

【出演】高畑充希、満島真之介

「攻殻機動隊S.A.C.」の神山健治監督によるオリジナルファンタジー。所構わず居眠りしてしまう高校生ココネは、近頃同じ夢ばかり見ていた。突然父が逮捕され、不可解に思った彼女が父を追い東京に向かううちに、夢と現実がリンクしていることに気付く。

劇場の予告編で一目惚れした作品のひとつ。「とと姉ちゃん」の高畑充希さんが声優初挑戦というのもいいですね。好きな女優さんなので。キャラクターもどこかで見たことあるなあと思ったら、『猫の恩返し』『東のエデン』の森川聡子さんじゃないですか。さらに、主人公の女の子が最近アニメで流行り?の方言女子ということで、これまた期待大。

 

パッセンジャー(2017.02.07 追記)

f:id:motomurahajime:20170209125518j:plain

映画『パッセンジャー』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

【公開】2017年3月24日

【監督】モーテン・ティルダム

【出演】ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット

宇宙船内で極限状態に置かれた男女の運命を映し出すSFロマン。乗客5000人を乗せた宇宙船が新たな居住地を目指し地球を出発。到着まで120年。乗客は冬眠装置で眠っていたが、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが90年も早く目覚めてしまう

昨今の大作ハリウッド映画で引っ張りだこのジェニファー・ローレンスとクリス・プラットが織りなすSFロマン。昨年は同じく『オデッセイ』という宇宙を舞台とした大作がありましたので、こちらもぜひ極上の「宇宙体感」を味わわせて欲しい、期待作です。

個人的には...ロマンスよりもいかにして宇宙空間を「サヴァイブ」するかを徹底してほしいけど...

 

仮面ライダーxスーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦(2017.02.07 追記)

f:id:motomurahajime:20170209125615j:plain

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

【公開】2017年3月25日

【監督】

【出演】飯島寛騎、岐洲匠

仮面ライダー、スーパー戦隊合わせて総勢100人を超えるヒーローたちが登場する特撮映画。

今週の日曜日(2月12日)からいよいよスタートする『宇宙戦隊キュウレンジャー』と仮面ライダーエグゼイドが共闘する、春のスーパーヒーロー映画。仮面ライダー勢としては、久しぶりに仮面ライダー電王がメインキャラに据えられるほか、仮面ライダーゾルダ(龍騎)、アオニンジャー(ニンニンジャー)、ビートバスター(ゴーバスターズ)という異色の組み合わせが見どころの本作。

これは特別ゲストを予想するのが実に楽しい時間になりそうです。

 

キングコング:髑髏島の巨神

f:id:motomurahajime:20170122173556j:plain

映画『キングコング:髑髏島の巨神』オフィシャルサイト

【公開】2017年3月25日

【監督】ジョーダン・ヴォート=ロバーツ

【出演】トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン

神話の中だけの存在とされてきた髑髏島が実在することが判明し、未知の生物の探索を目的とする調査遠征隊が派遣される。島内に足を踏み入れた隊員たちは、あちこちに散らばる骸骨や、岩壁に残された巨大な手跡を発見する。

レジェンダリー・ピクチャーズが送る、ゴジラ・コングシリーズの2作め。1作めはご存知、「ローグ・ワン」の監督も務めたギャレス・エドワーズ監督の『GODZILLA(2014)』。
2020年には、「GODZILLA ゴジラ」との究極の怪獣対決(a.k.a日米怪獣決戦)も発表されているため、ゴジラファンとしては外せない一本です。

 

ハードコア(2017.02.07 追記)

f:id:motomurahajime:20170209125823j:plain

映画「ハードコア」公式サイト

【公開】2017年4月1日

【監督】イリヤ・ナイシュラー

【出演】シャルト・コプリー、ダニーラ・コズロフスキー、ヘイリー・ベネット

全編にわたり主人公の一人称視点から映されたSFアクション。見慣れない研究施設で目覚めたヘンリー。妻エステルが機械の手足を装着させ激しく損傷した彼の体を修復させていたところ、謎の組織が襲撃。さらわれたエステルを救出するため、壮絶な戦いに臨む。

クラウドファンディングにより資金を集め、完全FPS(一人称視点)映画として公開されることとなった本作。2016年のカナザワ映画祭では先駆けて公開され、非常に高い評価を得たようです。

クラウドファンディングにVRと、まさに時代の最先端を行く映画。これはもう、3Dなり4DXなりで観ないともったいないですね。

 

ゴースト・イン・ザ・シェル

f:id:motomurahajime:20170209125846j:plain

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト 2017年4月ロードショー

【公開】2017年4月7日

【監督】ルパート・サンダース

【出演】スカーレット・ヨハンソン

士郎正宗原作の人気コミック『攻殻機動隊』が、ハリウッドに進出し、実写映画化。2017年4月14日全米公開予定。 

「あの『攻殻機動隊』をスカヨハで実写化?」というニュースは以前から飛び交っていましたが、予告動画でいよいよ来たかって感じがしますね。ギョッとするような「近未来の日本」描写もありましたが、果たして完成度はどんなものなんでしょうか。楽しみです。

 

グレートウォール(2017.02.07 追記)

f:id:motomurahajime:20170209125936j:plain

映画『グレートウォール』公式サイト 2017年4月14日(金)公開

【公開】2017年4月14日

【監督】チャン・イーモウ

【出演】マット・デイモン、アンディ・ラウ

万里の長城に秘められた伝説に迫る、マット・デイモン主演のアクション

動画を観ていただければわかりますが、要は「万里の長城は人間ならざるもの(クリーチャー?)から人類を守るために建造された」というフィクションを描いた映画。

というわけで、「どうしてマット・デイモンが古代中国に?」という疑問のなんとも小さきことか。信頼と実績のレジェンダリー・ピクチャーズ最新作ということで、色んな意味で目が離せない一本です。

 

美女と野獣

f:id:motomurahajime:20170209130030j:plain

美女と野獣|映画|ディズニー|Disney.jp |

【公開】2017年4月21日

【監督】ビル・コンドン

【出演】エマ・ワトソン

ディズニーの不朽の名作をエマ・ワトソン主演で実写映画化したラブストーリー

ディズニープリンセスの実写映画は、筆者の大好きな『シンデレラ(2015)』に代表されるように、非常にクオリティが高いもの。ビジュアル公開でエマ・ワトソン演じるベルを見たときは、若干の「コレジャナイ感」がありまして。

エマ・ワトソンは美人だし、演技も達者だけど、ベルを演じるにはちょっとゴージャス感、頼れる女感が強めじゃないのかな、と。でも主題曲の『美女と野獣』を聴いただけで涙腺決壊するくらいのパワーはあるんですよね~

 

無限の住人

f:id:motomurahajime:20170209130253p:plain

映画『無限の住人』オフィシャルサイト

【公開】2017年4月29日

【監督】三池崇史

【出演】木村拓哉、杉咲花

不老不死の肉体を持つ侍の生き様を描く人気コミックを木村拓哉主演で映画化

木村拓哉という俳優は監督で化ける人だと思うわけですよ。たとえば『ハウルの動く城』のハウルもしかり、『武士の一分』の三村しかり。幸いなことに?原作未読なので、今回が初のタッグとなる三池崇史×木村拓哉を楽しみに待ちたいと思います。

 

葉問3(原題)

f:id:motomurahajime:20170209130416j:plain

映画「イップマン 継承」公式サイト

【公開】2017年4月22日

【監督】ウィルソン・イップ

【出演】ドニー・イェン、マイク・タイソン

いよいよ待ちに待った『葉問』続編。2017年でトップ3に入る、筆者の期待作でございます。邦題は『イップ・マン 継承』だそうです。不良青年だったころのブルース・リーも登場し、しかも今回の敵がマイク・タイソンとか... どれだけ喜ばせてくれるんですか!

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

f:id:motomurahajime:20170209130609j:plain

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』2017年5月12日(金)日本公開&邦題決定!|ニュース|映画|ディズニー

【公開】2017年5月12日

【監督】ジェームズ・ガン

【出演】クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ

アベンジャーズのメンバーはケンカ別れしちゃったけど、こちらは相変わらず仲良し。笑えるし泣けるしアガる曲はかかるしで最高の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編です。あのシルベスター・スタローンがチョイ役で出るという噂もあります!

 

メッセージ(2017.02.07 追記)

f:id:motomurahajime:20170209130640j:plain

映画『メッセージ』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

【公開】2017年5月19日

【監督】ドゥニ・ヴィルヌーヴ

【出演】エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー

突如現れた球体型宇宙船と彼らと意志疎通を図ろうとする言語学者を描くSFドラマ

昨年の東京国際映画祭で先行上映され、非常に高い評価を得た作品。「宇宙人侵略モノ」映画は数あれど、本作は「言語問題」を取り扱っているため、アクションやスリラーとはまた異なる雰囲気の映画となりそうです。ビジュアルだけ見れば『地球が静止する日』っぽくもあるけど果たして...

 

けっこう残念な出来だったけど案外楽しめた『地球が静止する日』

  

 

昼顔(2017.02.07 追記)

f:id:motomurahajime:20170209130705j:plain

昼顔 - 映画・映像|東宝WEB SITE

【公開】2017年6月10日

【監督】西谷弘

【出演】上戸彩、斎藤工

2014年に放送された連続ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』のその後を映画化

年末の話題をかっさらった、「イェェェェェイ!! (中略)浮気 不倫 ダブル不倫 全てのセクシーの 生みの親!!」ことサンシャイン斎藤氏が主演の(違う)超人気ドラマの劇場版。ドラマは2014年の放送ということで、2年以上のブランクを経て上映となるわけですが、果たして。

「ポスターは裸で抱き合う二人がよかったんじゃないかな?」なんて思ったり。

 

ローガン(原題)

f:id:motomurahajime:20170209130729j:plain

映画『ローガン』オフィシャルサイト

【公開】2017年6月

【監督】ジェームズ・マンゴールド

【出演】ヒュー・ジャックマン

X-MENの一員だったローガンの物語を描く、ヒュー・ジャックマン主演のアクション

パット見の見ためが『ドントブリーズ』のブラインドマンと似てる、老いたウルヴァリンことローガン役のヒュー・ジャックマン。最近なんかマッチョ老人が活躍する作品に期待してしまう自分がいます。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

f:id:motomurahajime:20170209130920j:plain

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 : 作品情報 - 映画.com

【公開】2017年6月

【監督】ヨアヒム・ローニング 、 エスペン・サンドベリ

【出演】ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、ハビエル・バルデム

ジョニー・デップ演じる海賊ジャック・スパロウの活躍を描く人気シリーズ第5弾

キーラ・ナイトレイとオーランド・ブルームが本編に復帰。さらに本作の敵役が『007 スカイフォール』のハビエル・バルデムとくれば、観ないわけにはいきません。ちなみに、「最後の海賊」というサブタイトルが付いていますが、第6弾の公開も予定されているようです。

 

パワーレンジャー

f:id:motomurahajime:20170209131140j:plain

映画『パワーレンジャー』公式サイト

【公開】2017年7月15日

【監督】ディーン・イズラエライト

【出演】デイカー・モンゴメリー

日本の「スーパー戦隊」シリーズを基にしたアメリカの人気ヒーローアクションの劇場版

日本発の特撮ヒーロー「スーパー戦隊」の英語版ローカライズ『パワーレンジャー』の劇場版。アメリカで最も成功したと言われるジャパニーズコンテンツを、120億円というビッグバジェットで描くということであれば、特撮ファンでなくとも注目せざるを得ないでしょう...!

 

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

 

f:id:motomurahajime:20161231011317j:plain

 

ポケモン映画公式サイト「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」

記念すべきポケモン劇場版20作めは、最新の「サン&ムーン」ではなく、初代を彷彿とさせるポスターから読み取れるように、主人公のサトシがピカチュウと出会ったばかりの頃が舞台。

筆者が「ポケモン 赤/緑」世代なのもあって、約20年ぶりに劇場に足を運んででも観たい一本です。

 

スポンサーリンク

スパイダーマン:ホームカミング

f:id:motomurahajime:20170209131503p:plain

映画『スパイダーマン:ホームカミング』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

【公開】2017年8月11日

【監督】ジョン・ワッツ

【出演】トム・ホランド、ロバート・ダウニー・Jr.

トム・ホランドがピーター・パーカー/スパイダーマンを演じるシリーズ第1作

会社の垣根を超えて、ソニー・ピクチャーズとディズニーがついにコラボ。「スパイダーマン」シリーズにMarvelのヒーローが登場します。これは記念すべき第1作。

「ホームカミング」が新たなヴィランの登場、コミックとは異なる展開となるようです。ロバート・ダウニーJr.演じるトニー・スタークの登場も話題ですね。続編が期待されるなかでシリーズが終了となってしまった「アメスパ」とのつながりも気になるところです。

 

トランスフォーマー/最後の騎士王

f:id:motomurahajime:20170209131646j:plain

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』 - シネマトゥデイ

【公開】2017年夏

【監督】マイケル・ベイ

【出演】マーク・ウォールバーグ

機械生命体、トランスフォーマーたちの活躍を描く人気シリーズ第5作

これまで主役を担ってきたシャイア・ラブーフはさすがに素行の悪さが祟ったか、出演者リストに入っていませんね... 彼なしのトランスフォーマーがどんな風に展開していくのか気になるところなので、ピックアップ。

 

ワンダーウーマン

f:id:motomurahajime:20170209132123j:plain

映画『ワンダーウーマン』オフィシャルサイト

【公開】2017年夏

【監督】パティ・ジェンキンス

【出演】ガル・ギャドット

2016年、もっとも期待を裏切ったレベルの『バットマンVSスーパーマン』で唯一かっこよかった「ワンダーウーマン」が単独で主役の作品。かの名テーマ曲「Is She With You?」が再び劇場で流れる僥倖を体感すべし!

https://www.youtube.com/watch?v=S176AKQhcCk

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

f:id:motomurahajime:20170209132250j:plain

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公式サイト

【公開】2017年夏

【監督】三池崇史

【出演】山崎賢人、神木隆之介、真剣佑

荒木飛呂彦による人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部を実写映画化

ぜひ砕けないでほしい。期待と不安が入り混じる「ジョジョ 第4部」の実写映画。しかも第一章ということは、何年かにわたっての続きモノなんですね。伊勢谷友介さん演じる空条承太郎だけは、ビジュアル的にアリかも。

 

2017/01/02 追記

実写版『ジョジョ』のティザービジュアルが公開となりました!

natalie.mu

 

 

ダンケルク(原題)

f:id:motomurahajime:20170209132401j:plain

映画『ダンケルク(原題)』オフィシャルサイト

【公開】2017年夏

【監督】クリストファー・ノーラン

【出演】トム・ハーディ、マーク・ライランス

1940年の史上最大の救出作戦、ダンケルク作戦を描くスペクタクル・サスペンス

予告動画でグッと引き込まれた一本。クリストファー・ノーランとトム・ハーディという、『ダークナイト・ライジング』以来のコンビが復活ということで、非常に信頼できそうです。監督のキャリア初の戦争映画という点にも注目。

 

関ヶ原

映画「関ヶ原」公式サイト

【公開】2017年秋

【監督】原田眞人

【出演】岡田准一、有村架純、役所広司

監督・脚本を原田眞人、主演を岡田准一が務め、司馬遼太郎の原作を映画化

司馬遼太郎の歴史大傑作を映画化、西軍・石田三成を岡田准一さん、東軍・徳川家康を役所広司さんが務める.。近年は様々な都合で製作が難しいと言われていた大合戦スペクタクルが、2017年に観られるとは... これは期待せざるを得ないですね。

 

ブレードランナー 2049

f:id:motomurahajime:20170209132559j:plain

ブレードランナー 2049 : 作品情報 - 映画.com

【公開】2017年11月(予定)

【監督】ドゥニ・ヴィルヌーヴ

【出演】ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング

リドリー・スコット監督の「ブレードランナー」(1984)の続編が、34年の歳月を経て続編映画化。2017年11月全国ロードショー公開。

最近数十年のインターバルを置いて過去の名作がリメイクorリブートされるブーム?が続いてますが、ついにこれが来たかという印象。2015年のヒット作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』と並ぶ良リメイクとなるか。

 

マイティ・ソー ラグナロク(原題)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/c/cf/Thor-_Ragnarok_logo.jpg

『ソー:ラグナロク』あらすじ・キャスト【2017年全米公開予定】 | Ciatr[シアター]

【公開】2017年11月(予定)

【監督】タイカ・ワイティティ

【出演】クリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン

「マイティー・ソー」シリーズの3作め。現時点ではあらすじすら公開されておらず、いまだ詳しい情報が出ていない状況です。

わかっているところでは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に参戦しなかったソーとハルクが共闘するかもしれないということと、本作の敵役である死を司る神ヘラにケイト・ブランシェットが決定しているということ。この2点が注目ポイントでしょうか。

 

スター・ウォーズ エピソード8(原題)

f:id:motomurahajime:20170209132830j:plain

『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』キャスト・公開日など【前作ネタバレ】 | Ciatr[シアター]

【公開】2017年12月15日(予定)

【監督】ライアン・ジョンソン

2015年に大ヒットした『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の続編。

「フォースの覚醒」で引っ張るだけ引っ張って最後に登場したルークが、エピソード8で活躍するとか、新しい敵キャラが登場するとか、いろいろと噂が飛び交っています。

「フォースの覚醒」は新キャラのみならず、旧シリーズのキャラクターたちもバンバン登場して、お祭り映画としての要素も強かったわけですが、すでに新旧のバトンタッチは前作で終わり。このエピソード8こそ、スター・ウォーズ新章を決定づける作品となるでしょう。

 

ガールズ&パンツァー 最終章 第1章

www.youtube.com

【公開】2017年12月

普段アニメを観ない、萌えアニメならなおさら観ない筆者が唯一ハマったアニメ「ガルパン」。最終章は全6章で、その第1章が12月に公開予定です。ということは、最終章が公開されるのは6年後!?

 

GODZILLA(2017)

アニメーション映画『GODZILLA』OFFICIAL SITE

【公開】2017年

ほとんど情報が解禁となっていない、フルCGアニメで描かれるゴジラ。脚本に『魔法少女まどか☆マギカ』『仮面ライダー鎧武』の虚淵玄さんが参加されているということで、かなりディープで濃いい、『シン・ゴジラ』とはまったく方向性の違うゴジラ作品となるのは間違いなさそう。

 

アウトレイジ 最終章

【公開】2017年

【監督】北野武

【出演】北野武、西田敏行、塩見三省

『アウトレイジ ビヨンド』で関東と関西の巨大勢力がぶつかり、ほとんどの主要キャラは死んでしまった感がありましたが、最終章ではどんなキャラが登場し、どんな闘争が描かれるのでしょうか。

「映画ナタリー」のインタビューでは、北野監督が「シリーズ3作目で色んな事を盛りだくさんにやっているけど、やっぱり俺の映画になっちゃうよな」と語っており、ヤクザの抗争を描きながらも、北野監督作品特有のコメディ要素もちゃんとある作品に仕上がりそうです。

natalie.mu

 

猿の惑星 大戦記(グレート・ウォー)

www.youtube.com

【公開】2017年

2017年7月14日に全米公開予定の本作。日本での公開日は発表されていません。

予告を観ると、人間と猿が共闘しているようなシーンも見受けられますが... いよいよ人間対猿の戦いが描かれるということで、「猿の惑星」という単語も登場していますね。前作「猿の惑星: 新世紀」が良作だったため、続編のこちらも期待感が高まります。

 

ジャスティス・リーグ

www.youtube.com

【公開】2017年

【監督】ザック・スナイダー

【出演】ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル

アメリカでは2017年11月公開予定。言うなればDCコミック版の「アベンジャーズ」です。「バットマンVSスーパーマン」が残念な出来となっていましたが、予告を観るとやっぱり期待せざるを得ないですね。

 

スポンサーリンク

というわけで、まとめ。

キリのいいところでおすすめ映画30選としましたが、まだまだ注目作品はたくさんあります。

たとえば、キアヌ・リーブス主演、2015年に1作めが公開された『ジョン・ウィック』の続編、『ジョン・ウィック:チャプター2』。

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』日本版予告編 - YouTube

 

ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリングがタッグを組んだバディ・ムービー、『ナイスガイズ!』。

ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリング共演!映画『ナイスガイズ!』予告編 - YouTube

などなど。

 

邦画の当たり年と言われた2016年に続き、2017年は大作シリーズの続編だったり、過去の名作のリメイクだったりと、アメリカ発の映画もに見逃せない作品が多く公開を控えています。

最後に。

普段あまり映画を観に行かない方に、「この7本だけは観て!」という作品をピックアップしました。ご参考までに!

  1. 『ドクター・ストレンジ』
  2. 『モアナと伝説の海』
  3. 『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』
  4. 『美女と野獣』
  5. 『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』
  6. 『スパイダーマン ホームカミング』
  7. 『スター・ウォーズ エピソード8(原題)』

 

僕のオススメ映画雑誌は『映画秘宝』!

 

関連記事

2016年公開のおすすめ映画TOP10

『鋼の錬金術師』『ジョジョの奇妙な冒険』、2017年の人気マンガ実写化映画は天国か地獄か