良い知らせと悪い知らせがある

良い知らせと悪い知らせがある

本当に良い映画も、良くない映画もレビューします。

【お知らせ】マーベル・シネマティック・ユニバースのまとめ記事×3を書きます

f:id:motomurahajime:20171108000032j:plain

こんにちは、もとむらはじめ(@motomurahajime)です。

またもや長らく放置しちゃっててすみません。

今週あたり、『ブレードランナー 2049』『マイティー・ソー/バトルロイヤル』の記事を書こうかと思ってます。

 

さてさて、今回の記事はお知らせを少し。

こちらのブログではめっきり映画レビューを書いていませんが……

ライターとして契約させていただいてるこちらでは、1週間に1~2本のペースで書かせてもらってます。10月に公開された『猿の惑星:聖戦記』のレビューも書きましたよ!

gorilla.clinic

 

契約してからはや1ヶ月なんですが、映画の連載記事のPVが伸びず……でしてね。

11月からは本腰を入れて「検索でヒットする記事」「最後まで読まれる記事」を書けと司令がくだりまして。

つい先日公開となった『マイティー・ソー/バトルロイヤル』に合わせて、マーベル・シネマティック・ユニバースのまとめ記事を3本、書くことになりました。

その1本目として、これまでソフト化されているMCU作品16本(12月発売のホムカミ含む)のなかから、10本厳選した【MARVEL映画ベスト10】を書きました。

 

【MARVEL映画ベスト10】モトムラ厳選! マーベル映画シリーズをDVD・Blu-rayで順番に観るならこの10本! | ゴリラクリニックdig

 

このテの人気シリーズのまとめ記事って、「NAVERまとめ」とか「ciatr」とかってまとめサイトが率先してやってるじゃないですか。

それはもう、後発のメディアじゃ太刀打ちできないレベルのPVを稼いでいるわけですよ。

「マーベル まとめ」でどれだけ有象無象のコピペまとめ記事がヒットするか。

というわけで、それらとは視点をずらした趣旨で書きました。

9000字に及ぶボリューミーな記事となっているので、ぜひお読みいただきたい!

少しだけ記事のネタバレをすると、たいていのまとめサイトが「MCUは『アイアンマン』から順番に観るべし!」と書いているのに対し、僕の記事では『アベンジャーズ』から観ることを推奨しています。

続きはこちらの記事で!

gorilla.clinic

【お知らせ】マーベル・シネマティック・ユニバースのまとめ記事×3を書きます

f:id:motomurahajime:20171108000032j:plain

こんにちは、もとむらはじめ(@motomurahajime)です。

またもや長らく放置しちゃっててすみません。

今週あたり、『ブレードランナー 2049』『マイティー・ソー/バトルロイヤル』の記事を書こうかと思ってます。

 

さてさて、今回の記事はお知らせを少し。

こちらのブログではめっきり映画レビューを書いていませんが……

ライターとして契約させていただいてるこちらでは、1週間に1~2本のペースで書かせてもらってます。10月に公開された『猿の惑星:聖戦記』のレビューも書きましたよ!

gorilla.clinic

 

契約してからはや1ヶ月なんですが、映画の連載記事のPVが伸びず……でしてね。

11月からは本腰を入れて「検索でヒットする記事」「最後まで読まれる記事」を書けと司令がくだりまして。

つい先日公開となった『マイティー・ソー/バトルロイヤル』に合わせて、マーベル・シネマティック・ユニバースのまとめ記事を3本、書くことになりました。

その1本目として、これまでソフト化されているMCU作品16本(12月発売のホムカミ含む)のなかから10本厳選しています。

このテの人気シリーズのまとめ記事って、「NAVERまとめ」とか「ciatr」とかってまとめサイトが率先してやってるじゃないですか。

それはもう、後発のメディアじゃ太刀打ちできないレベルのPVを稼いでいるわけですよ。

「マーベル まとめ」でどれだけ有象無象のコピペまとめ記事がヒットするか。

というわけで、それらとは視点をずらした趣旨で書きました。

9000字に及ぶボリューミーな記事となっているので、ぜひお読みいただきたい!

少しだけ記事のネタバレをすると、たいていのまとめサイトが「MCUは『アイアンマン』から順番に観るべし!」と書いているのに対し、僕の記事では『アベンジャーズ』から観ることを推奨しています。

続きはこちらの記事で!

gorilla.clinic

北野武監督最新作『アウトレイジ 最終章』観てきたぞコノヤロー!!レビュー楽しんでもらおうと思ってなあ

f:id:motomurahajime:20171013072719j:plain

こんにちは、もとむらはじめ(@motomurahajime)です。

今回取り上げる映画は北野武監督最新作『アウトレイジ 最終章』です。

前回ご紹介したメンズクリニック様のメディアで執筆のご依頼をいただいてまして、公開前の見どころ記事を書きました。

gorilla.clinic

これがまあPVが報酬を左右するタイプの案件なもので……ぜひお読みいただきたい!

そうでなくてもそれなりに気合い入れて書いたのでぜひ!!

それでもって、公開後のレビューの8割がたは上記のメディアで書いてしまいまして(近日公開)。

 

2017年10月13日 追記

レビュー記事、公開されました。

gorilla.clinic

 

こちらはこちらでさらりと感想・レビュー記事をお届けしたいと思います。

レビュー楽しんでもらおうと思ってなあ~

ネタバレがあるので、未見の方はぜひ上の見どころ記事を読んで劇場へ!

 

スポンサーリンク

映画『アウトレイジ 最終章』

www.youtube.com

公式サイト:http://outrage-movie.jp/

【原題】アウトレイジ 最終章

【日本での公開】2017年10月7日

【上映時間】104分

【監督】北野武

【脚本】北野武

【出演】ビートたけし、大森南朋、西田敏行、塩見三省、白竜ほか

 

Yahoo!映画の評価平均点 3.46点

Filmarksの評価平均点 3.6点

僕の評価は100点中 73点

 

さらっとあらすじ

f:id:motomurahajime:20171013072800j:plain

《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】 vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。(Filmarksより)

 

スポンサーリンク

賛否両論あるけど圧倒的に”賛”だバカヤロー!

f:id:motomurahajime:20171013072820j:plain

いよいよ『アウトレイジ』が完結すると期待を胸に観に行った方も多かったようですが、「なとなく物足りなさを感じた」「暴力シーンが控えめだった」などなど、概ね感想は賛否両方に分かれているようです。たしかに、「ケジメ付けきってないんじゃない?」「あのキャラ、死ぬの早すぎじゃない?」と思うところはある。それでも、僕は圧倒的に”賛”でございます。

これは1回めの鑑賞前に『アウトレイジ』『アウトレイジ ビヨンド』を復習したことと、パンフレットを読んでから2回めを観に行ったことが大きかったですね。まあとにかく『アウトレイジ』シリーズの役者さんたち、凄んでいるからかもしれないけど、なんて言ってんのか聞き取りづらいところがある(笑)。おもしろ台詞も、ストーリーの核心に触れる台詞も、聞き取れないと観客は「???」ですから、その点で損をしている部分はあると思いましたね。そのストーリーのわかりづらさを補助してくれるのがパンフレットなので、これは「マストバイ」です。

それと観た人の多くが『ソナチネ』感があることに言及していますが、僕も過去に観た記憶はあるけど、内容はそこまで憶えていない。ビートたけし演じる主人公がこめかみに銃を突きつけてる印象的なワンシーンだけは頭に浮かぶという程度。その先入観がなかったからか、ラストもわりとフラットに観られましたね。

なんとなく後味を残す幕の引き方も、「暴力の連鎖は続くよどこまでも」という、何本もバイオレンス映画を撮りながらも決して暴力を肯定しない、北野武監督ならではの虚無感・無常観たっぷりの終わらせ方だったんじゃないでしょうか。

 

張会長の「ラスボス感」に惚れ惚れする

f:id:motomurahajime:20171013072846j:plain

前作『アウトレイジ ビヨンド』では、作品全体で観ても関西の花菱会の幹部・西野と中田の存在感が圧倒的でしたね。塩見三省さんはあれでヤクザ映画初出演だったそうで、「ガチの人が出てきた!」なんて思っちゃいましたよ。

それからお二人は大病とリハビリを経験され、後遺症が残るなか「最終章」の撮影に望んだのだとか。たしかに、「ビヨンド」に比べて観た感じ顔が痩せ細って、体も一回り小さくなったような印象を受けました。まあそれでも、怖さが薄れたというよりも、別のベクトルの怖さが際立ってたというか。武闘派で「古くせえ極道」の大友に対し、「権謀術数、騙すも裏切りもなんのその」といった狸っぷりがお見事でしたね。

それよりも「最終章」で語るべきは、何と言っても日韓のビジネス界を裏で牛耳る張会長の存在感ですよ!演じた金田時男さん、実は「ビヨンド」が俳優デビュー作で、本職は実業家なんだとか。北野武監督とは旧知の仲で、自身の姿を映像に残したいという思いから、「ビヨンド」への出演を直接お願いしたようです。

いわゆる「素人さん」なのに、なんだあの圧倒的な存在感は!「ビヨンド」に続き「最終章」でも、登場シーン自体は少ないものの、座っているだけで伝わってくる「ラスボス感」がハンパねえ!!

物語中盤、花菱会の花田(ピエール瀧)と中田が不始末を詫び入れに行ったシーンでの、日本語わからねえからと悪態をついた花田&中田に向かって「なんだとゴラァ!!」の一喝!あれはシビレたなあ~

北野武監督はもうヤクザ映画はしばらく撮らないということらしいですが、もし撮ることになったらぜひ張会長のスピンオフ作品をお願いしたい!!

 

というわけで、まとめ

メンズクリニック様のメディア向けの記事で書けなかったことはだいたいこちらで書いたので、まとめとしましょう……

「ビヨンド」に比べるとエンターテイメント性は控えめになっていて、どことなく哀しい感じの話になっていますが、どうしても「面白くない」と断ずるのは勿体無い気がするなあ。映画館に来てた中高年のおじさん・おばさん連中(もしかしたら「リアル・アウトレイジ」な人?)がゲラゲラ笑って楽しんでたし、中盤の偽造パスポートのくだりなんか2回観ても爆笑しちゃうし。

「パスポートの名前、デタラメですみません」

「山田五郎、構いませんよ」

最高じゃないですか、ここ。

前作、前前作の爽快感、わかりやすさはあまりないかもしれないけど、これはこれで「最終章」と呼ぶに相応しいケジメの付け方をしてたので、ぜひ劇場で「全員暴走」の虚しい結末を見届けていただきたい。

 

3部作なんで観といて損はないです

 

 

スポンサーリンク

映画『ブレードランナー 2049』のあらすじ・見どころについての記事を書きました

f:id:motomurahajime:20171003212115j:plain

こんにちは、もとむらはじめ(@motomurahajime)です。

(ブログは)2つで十分ですよ!

 

映画『ブレードランナー 2049』について書きました

このたび、2017年10月27日公開の映画『ブレードランナー 2049』のあらすじ・見どころを書きまして。

といっても、こちらのブログではなくてですね。

書かせていただいたのは、男性専用の美容外科ゴリラクリニックさんのメディアサイト”ゴリラクリニックdig”であります。

gorilla.clinic

 

ありがたいことに編集の方に僕の文章を気に入っていただき、今後は連載も任されることになりそうです。

すでに映画『ドリーム』についての記事も書いてますので、公開されたら後ほど。

 

映画ライターデビューです

自身のメディア、レビューサイト以外で本格的な映画の記事を書いたのはこれが初。

映画ライターとしては、これがデビュー記事ということになります。

いっちょ前に署名記事ですので、これでもう下手な文章は書けないなと。

身の引き締まる思いですね。

映画ライターなんて名乗ってしまえば誰でもなれる肩書ですが、記事はやっぱりピンきりでして。

僕自身も本当に下から数えたほうが早いほどの末席。

映画の知識も、文章の技術も、まだまだ力量不足は否めません。

僕が敬愛してやまない高橋ヨシキさんには到底、到底及びませんが、映画ライターとして自分の記事で報酬をもらう以上は、誠意を持って記事を書きたいですね。

嬉し恥ずかし僕のデビュー作、処女作、ぜひぜひ読んでいただけたら嬉しい限りでございます。

gorilla.clinic

もちろん、こちらの映画ブログものらりくらりと更新してまいりますので、読んでいただけると幸いです。

やっぱりブログは2つで十分ですよ!

映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦』ガンダムを映せ、ガンダムの戦いぶりを!

f:id:motomurahajime:20170922000816j:plain

こんにちは、もとむらはじめ(@motomurahajime)です。

ライター業がとりあえず一旦落ち着いたので、新作映画を。

今回取り上げる作品は『機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦』でございます。

いちおう、前作『IV 運命の前夜』も観てましてね。

www.motomurahajime.com

これまで半年に1回ペースの公開だったのが、ほぼ1年ぶりの新作ということで期待に胸を膨らませて観てきましたよ。

では、感想・レビューへとまいりましょう。

 

スポンサーリンク

映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦』

youtu.be

公式サイト:http://www.gundam-the-origin.net/

【原題】機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦

【日本での公開】2017年9月2日

【上映時間】84分

【監督】安彦良和

【脚本】安彦良和

【声の出演】 池田秀一、浦山迅、潘めぐみ、銀河万丈ほか

 

Yahoo!映画の評価平均点 3.58点

Filmarksの評価平均点 3.5点

僕の評価は100点中 55点

 

さらっとあらすじを

f:id:motomurahajime:20170922000909j:plain

宇宙世紀0079年、ジオン公国軍は地球人口のおよそ半数の人々を死に至らしめるブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を決行する。

ギレン・ザビ率いるザビ家が陰謀を企てる中、地球連邦軍はジオン公国軍に対し、劣勢を跳ね返そうと圧倒的な戦力を投入する。

ここにジオン公国軍と地球連邦軍の一大決戦「ルウム会戦」が始まる。

ジオン軍のエース、シャア・アズナブルは、新型MS(モビルスーツ)ザクを駆り戦場へと向かう。

『IV』までのあらすじはこちら

3分でわかる『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』 - YouTube

 

スポンサーリンク

あらすじ長えよおおお

f:id:motomurahajime:20170922000929j:plain

普段、立川のシネマシティで映画を観ている者としては、どうしても大手シネコンの予告が長いと感じてしまうんですよね。

シネマシティがだいたい2分くらいとしたら、シネコンは10分ですか。

長え長え。

予告が終わり「ヨッ!待ってました!」で始まったのは、あらすじの説明。

これがまた10分くらいですか。

たしかに『V』で初めて『ORIGIN』シリーズを観る人には丁寧なつくりかもしれない。

でも、で~~~も、観客を置いてけぼりにしたってイイと思うんですよ、この手の映画は。

言ってしまえば、こんな(世間一般からすると)限定公開でマニアックな映画を観に来る人は、それなりに知識を持ってるし、公開前に予習してるよ。

映画の予告10分+あらすじ説明10分はさすがに苦痛でした。

手元にリモコンがあったら早送りしようとしたでしょうね。

 

「コロニー落とし」はもっと恐ろしく描いてほしかった

f:id:motomurahajime:20170922000942j:plain

僕が大学生くらいの頃だったか、ガンダムの設定資料みたいな書籍で初めて「コロニー落とし」について詳しく知ったんですが、あのときの衝撃は今でも覚えていますね。

だって、上空から全長35kmの物体が落ちてくるんですよ。

東京駅から立川駅までの直線距離のデカさのものが!

想像して空恐ろしい気分になりましたね。

そんな経験もあって、コロニー落としは本作『V』で個人的に楽しみにしていたシーンでした。

それで実際に映像を観てみると……

うーん、ちょっと恐怖成分が足りなかったかな。

欲を言えば、その前の恋人たちのキャッキャウフフをカットしてでも、超巨大物体の落下に為す術もない地球人の恐怖を丁寧に描いてほしかったですね。

「そんなデカイものが上空から落ちてくるなんて、想像できるかよ!」というこちらの思惑を超えた恐怖映像が観たかった!

 

ガンダムを映せ、ガンダムの戦いぶりを!

f:id:motomurahajime:20170922000955j:plain

僕は連邦軍びいきというわけではないんですが、前作『IV』のどこでアガったかって、ガンダムが初お目見えした瞬間なんですよ。

チョイ出しに過ぎなかったけど、それでもやっぱりグッときましたね。

『ORIGIN』のストーリーは「シャア・アズナブルクロニクル」と言えるところがあるとしても、やっぱり「ガンダム」の名前は特別なんです。

では本作『V』ではどうだったかと言うと、ガンダムの新しいシーンはナシ。

これはもうガンダムの開発者テム・レイの言葉を借りて言うしかない。

 

「ガンダムを映せ、ガンダムの戦いぶりを!」

 

まあ、ルウム戦役の段階ではまだガンダムが戦うことはないんですけど、それでも開発状況とかは観たかったなあ~

ガンダムに限らず、『V』は圧倒的にMS不足。

中盤のシャアが慣らし運転するMS-06S ザクIIと、ラストくらいですか、MSの登場と言えるようなシーンは。

それ以外の人間ドラマの部分があまりにも退屈で……

ハモンの歌のシーンがやたらと叩かれていたのはさすがに同情するけど。

シンガーの方には申し訳ないですが、僕らは歌を聴きに来てるわけじゃないんです。

最新のCGでグリグリ動くMSを観たいんです。

ザビ家の政治模様なんかは興味深かったですけどね。

 

とは言え、なんでお金を払ってまで『ORIGIN』を観てるかって、「MSの活躍が観たいから」に他ならないからでしょう。

1年ぶりの新作、さらに『激突 ルウム会戦』というサブタイトルの響きに心躍らせて観に行ったものの、けっきょく激突したのはコロニーですよ。

レビューサイトなどで多くの方が指摘しているように、ラストの引きが「またいいところで終わった……」だったのも、「引き延ばし感がすごい」もその通り。

「1年待たせてこれか!!」というのは、正直なところかなあ。

 

スポンサーリンク

というわけで、まとめ

僕は原作未読で『ORIGIN』シリーズを追っているので、アニメ版では描かれなかった「想像の範囲で楽しむ部分」が映像化されている点は非常に楽しんでいます。

たとえば「通常のザクの3倍」の裏設定(パイロットの負担を無視した設計)とか、ザビ家のなかでもとくに人間臭いドズルのドラマとか。

MSでは定番の「頭頂部が開閉するザクヘッド」を実際に観たときは、細かすぎるけど感動したなあ……

前作『IV』に輪をかけて物足りなさはありましたが、ところどころでは楽しみました。

次回作『VI』は半年後みたいですね。

なんだかんだ言いながら公開を待ちたいと思います。

 

AmazonPrimeビデオでも観られます。

 

ブルーレイはこちら。